【悲報】フタバ食品の人気アイス「エルコーン」、製造終了

1 名前:記憶たどり。 ★ 投稿日:2019/01/21 16:13:05 ID:FjBxIynS9.net
冷菓メーカーのフタバ食品(栃木県宇都宮市)は2019年1月21日、J-CASTニュースの取材に、ロングセラーアイス「エルコーン」(税抜70円)を製造終了すると明かした。 インターネット上では、「悲しすぎる」などと惜しむ声が多数寄せられていた。 フタバ食品「深くお詫び申し上げます」 エルコーンは1980年発売の商品。コーンにメロンとバニラのシャーベットを充てんした氷菓だ。 ツイッターでは1月18日ごろから、製造終了との噂が流れており、 「未だによく食べるのに…」 「子供の頃よく食べてたな…」 「悲しすぎる」 との声が寄せられていた。 続きはソース https://www.j-cast.com/2019/01/21348455.html

指原莉乃さん「焼肉を塩で食べるなんて嫌、タレびしゃびしゃの方が美味しい」

1 名前:風吹けば名無し 投稿日:2019/01/21 8:29:00 ID:kecmrTnp0.net
番組ではこの日、タレントのナジャ・グランディーバが「東京に染まってしまった関西人への怒り」をプレゼン。 現在も関西在住のナジャは「東京に行って数年経った人に会うと、東京かぶれのすごさが鼻につきます」と怒りをぶちまけた。 具体的には、東京に行った仲間の一人が「シャンパンのことを急に泡と言うようになった」「天ぷらを食べに行ったときも、天つゆで食べてる私に『え?うそー。天ぷらは塩でしょ?』と通な感じを出してきた」といったことがあったという。 そんなナジャの怒りに、指原は「わかります。私もめちゃくちゃイヤだ」と共感。 そして「焼肉とかも、塩で食べさせるところあるじゃないですか。絶対タレびしゃびしゃのほうがおいしい」と力説し、「絶対イヤだ」と繰り返した。 https://www.narinari.com/Nd/20190152928.html

コンビニコーヒー100円を買って150円のカフェラテを入れていた男、窃盗で逮捕

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2019/01/21 16:30:04 ID:SAxAXxzc0.net
福岡県那珂川市のコンビニエンスストアで、コーヒー用の100円のカップを購入したのに150円のカフェラテを注いだとして、62歳の男が窃盗の疑いで逮捕されました。警察によりますと、男は以前にも代金より高い飲み物をカップに注いでいたとみられています。 逮捕されたのは、那珂川市に住む自称・会社員の62歳の男です。 男は21日午前7時半ごろ、那珂川市内のコンビニエンスストアで、コーヒー用の100円のカップを購入したのに150円のカフェラテを注いだ窃盗の疑いが持たれています。 警察によりますと「100円のコーヒーカップに150円のカフェラテを注いでいる」という情報が常連の客から店に寄せられ、店が警戒していたところ、男がカフェラテを注いでいるのを確認しました。 このため店のオーナーが問いただしたところ、男は「ボタンを押し間違えただけだ」と説明していましたが、警察の調べに対し、容疑を認めているということです。 警察によりますと、男は以前にも支払った代金よりも高い飲み物をコップに注いでいたとみられるということで、警察がさらに詳しく調べています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190121/k10011785331000.html

とどまることを知らない「ラーメン戦争 in ニューヨーク」 1杯のラーメンが平均で15ドル(約1700円)

1 名前:砂漠のマスカレード ★ 投稿日:2019/01/21 0:38:04 ID:e7rgPImR9.net
ニューヨークで起きているラーメン革命 日本におけるラーメンの位置付けは、B級グルメ。 しかしニューヨークでは、ラーメンは高級品です。 なぜなら1杯のラーメンが平均で15ドル(約1700円)、そこに20パーセントのTipを入れたら、ほぼもう日本円で2000円。 こんな高いお金を払ってまでもなお、ラーメン屋が次々にオープンし続けられるほど、ニューヨーカーにおけるラーメンの評価はかなり高めなのです。 筆者の記憶では、一風堂がニューヨークに店を構えてからというもの、似たような豚骨スープに細麺といった博多風のラーメン屋がここ5年は主流でした。どこへ行っても、新しくオープンしても、豚骨・細麺、バカの一つ覚えのように豚骨・細麺・・・。 それはなぜなら、一風堂以来、日本のラーメン屋がニューヨークに進出することが少なく、 日本のラーメン文化とラーメンへの情熱を知らない現地人が見よう見まねで始めたラーメン屋ばかりだったからだと感じています。 それが、2016年に有名店、中村屋がこちらに進出したのを皮切りに、誰もが知る一蘭、家系ラーメンの町田商店が元となるE.A.K RAMEN、池袋に本店を構える屯ちん、北は北海道から本格味噌ラーメンの麺恋佐藤、そしてついに2018年冬、念願の二郎系ラーメンTabe Tomoがオープンした。 ここ2年のあいだに、日本の有名ラーメン店が続々と進出し続けているのです。やはりさすが日本のラーメン。 スープも麺も、それぞれこだわりがあって、バラエティ豊か。そして連日、大人気。 そこで、日本から来たラーメン屋ベスト3を勝手な独断と偏見により紹介したいと思います。 続きはソース https://news.nicovideo.jp/watch/nw4693225