紅しょうがの天ぷら、食べる?食べない? 全国図

1: (東日本) [US] 2018/07/06(金) 09:15:32.10 ID:m1qSFuvt0 BE:837857943-PLT(16930)
  no title


あなたは「紅しょうがの天ぷら」を食べるだろうか。大阪ではデパートやスーパーのお総菜売り場や居酒屋メニューなどでよく見かけ、普段から親しまれている。
しかし、関東出身者からは、知らなかったという声もある。

そこでJタウン研究所では、「紅しょうがの天ぷら、食べる?食べない?」という質問で2018年2月5日から7月2日まで読者アンケートを行った
(総得票数916)。果たして地域差はあるのだろうか――。

「食べる」人の方が多い結果に
全国的にみると、食べる人が56.3%と食べない人の43.7%を上回る結果となった。

  town20180703182441


地図で確認すると、やはり関西・中国地方は深緑(80%以上)が多く、「食べる率」が高いようだ。大阪で「食べる」と回答した人の率は
91.9%と全国的に見て高い割合だ。次いで京都(88.2%)、和歌山(85.7%)も高い。

紅しょうがの天ぷらは元々、関西の「もったいない精神」が生み出した食文化だという。

東京では食べる(67.1%)、食べない(32.9%)という結果になり、関西出身者も多いと思われる割に、
予想以上に「食べない」と回答した人の割合が多い印象を受けた。

http://j-town.net/tokyo/research/results/262257.html

引用元: ・紅しょうがの天ぷら、食べる?食べない? 全国図

続きを読む

【悲報】「天丼てんや」40円値上げへ

K10011254581_1712111744_1712111746_01_02


1::2017/12/11(月) 19:34:15.95 ID:CAP_USER.net
外食チェーンの「天丼てんや」は、コメの価格上昇などを受けて来月11日から天丼の価格を40円値上げして、540円にすることを決めました。外食チェーンや食品メーカーでは、コメ価格の上昇による値上げの動きが広がっています。
発表によりますと、全国に196店を展開する「天丼てんや」は、来月11日から一部の商品について、10円から50円値上げします。

このうち、主力メニューの「天丼」は、税込みで現在の500円から40円値上げして540円となるほか、「えび野菜天丼」は20円値上げして650円となります。会社では、コメの仕入れ価格が値上がりしていることや、エビの価格が高止まり、それに人手不足を背景とした人件費の上昇が、値上げの理由だと説明しています。

また、コメの価格上昇を受けて食品メーカーの「東洋水産」も、パック入りのごはんやレトルト食品合わせて43品目を、来年3月1日の出荷分から1個あたり10円から15円値上げすると発表しました。

コメの価格上昇をめぐっては、牛丼チェーン最大手の「すき家」が先月、牛丼の一部メニューの値上げに踏み切ったほか、パック入りのごはんを値上げする食品メーカーも相次いでいます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254581000.html
続きを読む