【朗報】ダイエットにカロリー制限は必要ない??米研究チームが発表

waffles-2813552_960_720


1: (埼玉県) [CA] 2018/04/10(火) 21:44:31.63 ID:ukPCiWBm0● BE:875768343-2BP(2000)

ダイエットに挑戦したことがある人なら誰しも、摂取カロリーを少なくすることが痩せるための絶対条件と思っているだろう。

ところが、先ごろ米国医師会が発行するジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA)に掲載され
た最新の研究報告で、衝撃の事実が明らかになった。カロリー計算をしたり食べる量を制限したりしなくても、体重を減らせるというのだ。

成功のカギは食事の内容にあった。

人工甘味料、白米など精製した穀類、加工食品を避け、たっぷりの野菜と自然のまま手を加えていない食品を主に食べること、い
いかえるなら、脂肪分と炭水化物が少ない食生活を送るのである。しかも、人それぞれ身体が栄養を摂取する仕組みや量は異なっ
ており、DNAに応じた個別ダイエット法が望ましいとする説が流行っているが、この痩身食事法ならどんな人にも当てはまることが科学的に証明された。

ローカーボ組とローファット組で実験

スタンフォード・プリベンション・リサーチ・センターのクリストファー・D・ガーデナー栄養学部長が率いた研究は、アメリカ国
立衛生研究所をはじめとする機関から800万ドル(約8億4000万円)の予算を受け、600人を超える被験者の協力を得た1年がかりの大規模なプロジェクト。

実験への参加に応じた体重超過、肥満の人々は、炭水化物少なめ(ローカーボ)組と脂肪分少なめ(ローファット)組の2つに分け
られ、最初に、栄養士の指導で、栄養価が高く加工を最小限に抑えた食品を摂ることと、できるだけ家で調理して食べる生活習慣のレッスンを受けた。

ロー・ファット組はソフトドリンク、フルーツジュース、マフィン、白米などは低脂肪であっても避け、食べるのは、玄米や大麦、
レンズ豆、赤身の肉、低脂肪の乳製品、キアヌ、生の果物、豆類など。これに対して、ロー・カーボ組には、オリーブオイル、サー
モン、アボカド、ハードチーズ、野菜、ナッツ類、自然の草や虫を食べて育
った動物の肉が推奨された。

国のガイドラインに示される適度な運動をすることは奨励されたが強制ではなく、定期的な栄養士とのミーティングではもっぱら、
適切な食べ物や、食生活を変化させ、それを継続させるためのコツといった話し合いに費やされた。


お腹が満たされるまで食べていいルール
今回の実験がこれまでの同様の実験と大きく違うのは、炭水化物や脂肪の摂取に制限をもうける厳格な食事規制やカロリー制限を
一切おこなっていない点にある。被験者は加工されていない自然本来の食品であれば、お腹が満たされるまで好きに食べていい。

目標数値や食事回数のきまりなどは全くなかったにも関わらず、ガーデナー学部長は「どちらのグループも平均的に目にみえて減量
しました。もちろん幅はありますし、体重が増えた人もなかにはいます。ただ、一番減量に成功した層では23kg〜27kg減を記録しました」と語り、こうした人々は食べ物との付き合い方が一変したと指摘する
。「車のなかやテレビの前に座っての食事はしなくなり、家で料理をして家族そろってテーブルを囲むことが増えたのです」

減量に成功する食事のポイントは、量ではなく「質 」
https://www.cafeglobe.com/2018/04/nyt_calories.html

続きを読む

【朗報】松本人志が「筋トレを始めた本当の理由」を告白 「ヤバすぎる」と爆笑や共感も

man-2037255_960_720


1::2018/02/20(火) 10:24:05.04 ID:3va9VLC50 BE:576494255-2BP(2000)
 
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(54)といえば、ある時期からお笑い芸人とは思えないほどのマッスルボディになっている。「なぜ筋トレを?」と理由を聞かれることも多いが、18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、その理由を明かした。



■筋トレの理由は『バイオハザード』
番組では、社会問題化している「ネットゲーム依存症」についてトークを展開した。

ゲーマーとしても知られている松本は、よく遊んでいた『バイオハザード』シリーズに登場している筋肉質でガタイの良いキャラクターたちと、自らのガリガリな体型を比較して嫌気がさし「こんなガリガリで華奢な俺が、(ムキムキな)米兵に助けてもらって。憑依してやってる場合じゃない」と筋トレを始めたのだという。

松本の告白に、スタジオからは「全然意味わかんない」「違うでしょ?」と爆笑。東野幸治(50)をはじめとした後輩芸人たちには「子供ができたから守らなアカン」と話していたようだが、松本は「あんなんウソ。本当に情けなくなってきたのよ、俺は何なんだって」と華奢な自分が、屈強なキャラクターを操作することに抵抗感が生まれたと明かした。

■「ガチだったらヤバすぎる」
松本の発言を受け、ネット上ではさまざまな声があがった。爆笑する声もあるが、中には「同じ理由で始めた」と共感の声も。

■筋トレをしているのは約2割
しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,343名に「筋トレ」について調査したところ、約2割が「している」と回答した。

2、30代男性では約3割にもおよんだ。また、60代でも、健康への意識からか約2割が経験しているようだ。



格闘家顔負けのガタイを誇る松本だが、その動機が筋肉とは一見無関係に思えるゲームというのが驚きだ。ゲームキャラを上回る筋肉を身につけた松本は今、自信をもってキャラクターを操作しているのだろうか。

https://sirabee.com/2018/02/19/20161510911/
続きを読む