フランス・パリで駅弁が人気になるwwww常連客「まるで日本にいるよう」

1 名前:ばーど ★ 投稿日:2018/07/22 23:50:01 ID:CAP_USER9.net
【パリ時事】美食の街パリの駅構内で、日本の駅弁を販売する「小江戸へどうぞ」が人気を集めている。  焼き魚や鶏の空揚げなど庶民的な弁当が並び、常連客は「日本にいるよう」と口をそろえる。経営するのは、高校時代の大阪留学でホストファミリーのお母さんが毎日作ってくれた弁当の味が忘れられないエステル・ミケルさん(43)。2015年に最初の店をオープン、現在は3店舗を構える勢いだ。  世界的な和食ブームで、パリにも数え切れないほどの日本料理店が存在する。ただ、にぎりずしと焼き鳥が同じ皿に載っていたり、フランス人好みの味にアレンジされたりした「日本風」レストランが大半だ。  ミケルさんは「日本人が普通に食べている家庭料理を再現したい」とこだわり、レンコンや春菊などフランスでは珍しい野菜を積極的に取り入れる。調理スタッフは全員日本人だ。  5~6種類の日替わり弁当のほか、そぼろ丼などの丼物も販売。価格は10~15ユーロ(約1300~2000円)と日本に比べればやや高いが、3店舗合計で多い日には250食が完売する。たい焼きや大福など手作りの甘味も人気だ。  顧客は日本滞在経験者や裕福な大手企業社員ら。週に2回来店する会社員のファブリス・ピシャールさん(43)は「他の日本料理店とは質が全く違う」と評価する。来年には4店目がオープン予定。さらなる駅弁ブームが起こりそうだ。  続きはソース https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072200192&g=int

13歳少年が無許可でホットドッグ店を営業 →市衛生局が許可取得を全面支援へ

no title

ミネソタ州ミネアポリス市に住むJaequan Faulkner君(13歳)が、自宅の前でホットドッグスタンドを始めたのは2016年のこと。

叔父さんが使わなくなったホットドッグロースターを借りてホットドッグを作り、加えてスナック菓子やソフトドリンクも売った。
開業した一番の目的は、服を買うことだったそうだ。

Jaequan君のホットドッグスタンドは近隣の人たちから愛されるようになり、やがてその存在が市内に広く知れ渡るようになったという。
ところが、Jaequan君が市の許可を得ずに営業していることを誰かが見つけ、環境衛生局に通報した。

通報を受けた市の環境衛生局がとった措置は、意外なことに営業停止命令ではなく、ホットドッグスタンドの営業を全面的にバックアップすることだった。

Dan Huff環境衛生局長は海外メディアにこう語っている。

「無許可営業の通報について知った時、通常なら営業停止命令を出すところですが、私はこう言ったんです。『ノー、この子の店を潰すようなことはしないよ』とね。

許可を取っていないなら、取れるように助ければいい。ポジティブな方向に持って行こう。そして、この子がちゃんとしたビジネスを続けられるようにしよう、とね」
https://irorio.jp/sophokles/20180721/480086/

こちらもおすすめ

続きを読む

アメリカ・NYで「米で最も高価なアイスクリーム」が販売される 日本円で約17万円 器代が高いが中身だけでも3万3千円

1 名前:みつを ★ 投稿日:2018/07/21 2:01:05 ID:CAP_USER9.net
NYで「米で最も高価なアイスクリーム」、日本円で約17万円  アメリカ・ニューヨークのマンハッタンにある高級ホテルで、「アメリカで最も高価なアイスクリーム」が売り出され、話題となっています。  ガラスのフタを開けると姿を現す、金銀に彩られたデザート。これは、ニューヨークマンハッタンにある高級ホテル「バカラホテル」が提供するサンデーです。  陶器の器とクリスタル製のフタを持ち帰ることができて、その値段は1500ドル、日本円にしておよそ17万円。「アメリカで最も高価なアイスクリーム」と呼ばれるなどして、話題となっています。  サンデーそのものも300ドル、およそ3万3千円だとということですが、その理由は・・・・ 続きはソース http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3426609.htm

中国の唐辛子の大食いコンテストがすごいと話題に

no title

no title


湖南省寧郷市炭河古城で7月8日、唐辛子コンテストが行われた。

数多くの挑戦者たちは唐辛子がたっぷり敷き詰められた巨型貯水池の中で唐辛子をいくつ食べられるか競い合った。

最終的に優勝を手にしたのは、寧郷市出身の唐帥(タン・シュアイ)さん。

1分間で50個もの唐辛子を食べ、見事チャンピオンの座についた。
http://news.livedoor.com/article/detail/14996367/

こちらもおすすめ

続きを読む

【環境】米マクドナルドがプラスチック製ストロー廃止へ…日本も検討、25年までに

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2018/07/10 20:29:05 ID:NQ67lyE10.net
環境保護に対する意識の高まりなどを受け、企業でプラスチック製ストローなどの提供を廃止する動きが広がっている。 米McDonald’sも6月15日に、英国とアイルランドの計1361店舗で9月よりプラスチック製ストローから紙製ストローに順次切り替えると発表した。  日本マクドナルドの広報担当者は、日本での運用については具体的なスケジュールはまだ決まってないとしつつ、 「ヨーロッパでのテスト運用などの結果を見極めつつ、日本も取り組んでいきたい。マクドナルド全体としての目標は2025年なので、日本もそれまでに切り替えを検討する」と見通しを述べた。 続きはソース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000076-zdn_mkt-bus_all

中国人「我々は日本人のソウルフード『たこ焼き』が大好きだ 地球上で最も愛している」

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2018/07/08 23:14:01 ID:tnajb6P/0.net
中国メディア・今日頭条は6日、「日本人のソウルフードと言うべきこの食べ物を、地球上で最も愛しているのは中国人だ」とする記事を掲載した。 記事が紹介している、「地球上で一番中国人が好きであろう日本のソウルフード」とは、大阪名物として知られるたこ焼きだ。記事は、「たこ焼きの起源は大阪にある。主な材料はタコ、小麦粉、削り節、青のり、マヨネーズ、ソースだ。一年四季を通じて多くの人に愛されているスナックフードだ」と伝えた。 「この日本人のソウルフードが中国に伝わると、あっという間に人気が沸騰。今や街の至るところでその姿を見かけるようになった。 都市に生活している人であれば必ず1度は食べたことがあるはずだ。人数を考えれば、世界のなかで最もたこ焼きを好んで食べるのわれわれ中国人ということになるはずだ」としている。 続きはソース https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180708/Searchina_20180708005.html 中国人は、東京よりも大阪に親近感を感じるらしい。大阪の人の人柄だけでなく、食べ物も。

中国人「日本人が生でウニを食ってるの信じられない!」

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2018/07/01 8:09:02 ID:7MmWcd3s0.net
近年、多くの中国人が日本を訪れるようになった。中国人旅行客の間で人気が高まっているのが「日本ならではの体験」であり、温泉など日本でこそ体験できることを楽しみたいという中国人は多い。また、「食」も人気のコンテンツの1つであり、中国では若者を中心に日本の食文化を気に入る人が増え、日本食を扱う飲食店も増えている。  日本を代表する食文化といえば、やはり「海産物の生食」であろう。刺身はその代表格だが、中国メディアの快資訊は27日、「日本では好んで食べられている海産物のなかには中国では毛嫌いされているものも多い」と紹介する記事を掲載した。  中国でも沿岸部では海産物が広く食されているが、加熱調理されることが一般的で、日本のように生で食べられることはない。記事はまず「ウニ」を挙げ、 日本では高級食材とされるウニは中国ではあまり好まれないと紹介。一部の高級レストランでは提供されているが、蒸して食べることが一般的で、 日本のように生のまま醤油を少しつけて食べることは「多くの中国人は受け入れられない」と伝えた。  さらに、「イクラ」も非常に生臭くて美味しくないと感じられると紹介。ウニもイクラも日本では高級食材であり、寿司屋などでは他のネタより高額で提供されている食材を苦手とする中国人は多いようだ。また、日本では牡蠣(カキ)を生で食べることもあるが、中国ではやはり火を通して食べることが一般的であるため、生ガキは食べられないという中国人は多いようだ。 続きはソース http://news.searchina.net/id/1662359?page=1