都市ガスへの切り替えが100万件突破 近畿地方で最多の48万件超

https://www.sankei.com/smp/west/news/180612/wst1806120105-s1.html
昨年4月に都市ガスの小売りが全面自由化されて以降、全国の契約先切り替え件数が今年5月末時点で100万件を超えたことが、経済産業省資源エネルギー庁のまとめでわかった。
このうち近畿は48万件超を占め、全国一の激戦区になっている。近畿で新規参入した関西電力は、5月から新規契約者の基本料金を2カ月無料にするなど、大阪ガスへの攻勢をさらに強めている。
gas_motosen

こちらもおすすめ

続きを読む

ダイキン「エアコンは24時間つけっぱなしにしとけ こまめにインオフした人と1日30円の違いだ」

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/02/22(木) 16:06:57.54 ID:3JoLg95P0 BE:837857943-PLT(16930)
エアコンをつけっぱなしにするのと、こまめにオンオフした場合、どちらがお得なのか…。これまで、ネットでは様々な検証が行われてきたが、ついに空調事業で世界トップのダイキン工業が、検証に乗り出した。

2016年夏には、エアコンの冷房を「つけっぱなし」にした場合と「こまめにオンオフ」した場合、どちらがお得かを検証していたダイキン。
今回の検証も、その時とほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って、一方はエアコンの暖房を「つけっぱなし」、もう一方は「こまめにオンオフ」して、下記2つの実験を行い、消費電力量を比較した。

1:24時間「つけっぱなし」にした場合と、30分間隔でスイッチのオンオフを繰り返した場合
2:一日中ずっと「つけっぱなし」にした場合と、1日の生活を想定したスケジュールに合わせて「こまめにオンオフ」した場合

1の実験ではつけっぱなしが安く、2の実験ではこまめにオンオフした場合のほうが若干安いものの、その差はわずか30円という結果になった。

ダイキンが行った検証とその結果に、Twitterでは、

“割と前から夏冬問わず付けっ放しの方がお得という話は散見されていたがダイキンの(条件付きで)お墨付き出たのか”
“やはりほとんど変わらず…むしろ安い。。”
“まーたエアコン付けっ放し民が勝ってしまったかw
基本、夏場も冬場もエアコンは付けっ放しだわ”

と結果は予見していたものの、トップメーカーのお墨付きが出たことで、改めて「つけっぱなし」のメリットに注目するユーザーは多い。

http://news.livedoor.com/article/detail/14331649/
001

こちらもおすすめ

続きを読む