湖池屋、ポテトチップスに金箔を入れて売ってしまう

1 名前:ガーディス ★ 投稿日:2018/12/10 12:25:02 ID:CAP_USER9.net
株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:佐藤章)は、2017年2月の発売以降、進化を続ける「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズより、金沢の伝統工芸である金箔、淡路島でつくられた藻塩を使用する、味わいだけでなく目にも華やかなプレミアムポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO 金沢 金箔塩」を2018年12月10日(月)より全国コンビニエンスストア、2018年12月17日(月)より全国スーパーマーケット等、一般チャネルにて発売します。 「KOIKEYA PRIDE POTATO」は、素材、皮の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げなど、まるで料理を作るように、ポテトチップスづくりにこだわっていた創業時代の情熱を胸に、日本産のじゃがいもを100%使用し、素材も製法も一切の妥協なく、老舗・湖池屋のプライドをかけて理想のおいしさを追求した味わいも食感も本格を目指した究極のポテトチップスです。 続きはソース https://koikeya.co.jp/news/detail/976.html

同じ名前だけど素材も味も違う。「くず餅」は関東と関西でまるっきり別物だった

1 名前:砂漠のマスカレード ★ 投稿日:2018/12/09 13:13:01 ID:CAP_USER9.net
同じ名前でも、場所や時代によって全く違うものになってしまった食文化は日本に多く存在し、西洋起源とされる天ぷらや中華料理をモデルにしたギョウザやラーメンなどがあります。 しかし、日本国内でも地域によって全く非なるものになった和菓子があり、それが本項で紹介する『くず餅』です。 透き通る見た目とさわやかな甘みが夏向け、関西風くず餅 京菓子などでも有名な関西風くず餅(葛餅)は、吉野葛に代表されるクズと言う植物の根から採取したでんぷんで、日本の伝統食品の一つでもある葛粉から作られる餅菓子です。 また、関西の一部ではくず餅の中に餡を入れた物(全国的には葛饅頭と言う呼称が一般的)をくず餅と呼ぶこともあります。 関西風くず餅 そのでんぷんを水と砂糖と共に火にかけ、トロトロとしたものを練っていくと透明に近い色になり、プルプルした食感が特徴のくず餅が出来ます。 葛粉と砂糖さえあればお菓子作りの上手な人なら手作りできることもありますし、手作りキットも売られていたりする関西風くず餅は、時代を超えて人気の和菓子でもあります。 が、その葛粉(特に純粋な葛粉である本葛)が手に入りにくくなっており、芋などのでんぷんが使われることが多くなっているのも現状で、素材を確保するのが大変なお菓子でもあるという悩みを抱えています。 川崎大師由来の逸話がある関東風くず餅は、乳酸菌の風味と歯応えが病み付き♪ 川崎大師 対する関東のくず餅(久寿餅)は関西のように葛粉を使わず、小麦粉由来を使って作られます。作り方も関西風とは異なり、小麦粉のでんぷんを乳酸菌で発酵させたものを蒸して作るため、独特の味わいと、どっしりした食感が売りです。 続きはソース http://news.livedoor.com/article/detail/15713960/

【朗報】カルビーがインスタ映えするラブリーなポテチを発売 期間限定だゾ

1 名前:ガーディス ★ 投稿日:2018/12/09 19:28:03 ID:CAP_USER9.net
カルビーは12月10日、インスタ映えを狙った女性向けの新商品「ポテトチップス ラブリーチーズ」(税込150円前後、65g)をコンビニエンスストア限定で発売する。 コンビニエンスストアに来店する20~30代女性をターゲットとして、パッケージを可愛らしいピンク色にし、オシャレで思わず「ジャケ買い」したくなるようなインスタ映えを狙った商品を開発した。 味は、クリスマスなどのパーティーシーズンに需要が高まるシャンパンやワインにピッタリのチーズを選定。 まろやかなクリームチーズとコクのあるゴーダチーズを組み合わせ、フルーツのブルーベリーを隠し味に入れて、ほんのりフルーティーな味わいに仕上げた。 2019年1月中旬終売予定。 https://www.ryutsuu.biz/commodity/k120711.html

【朗報】スシローさん、きのこの山とコラボしてしまう

1 名前:砂漠のマスカレード ★ 投稿日:2018/12/07 8:22:00 ID:CAP_USER9.net
■「きのこの山キャラメルパフェ」期間限定販売 あきんどスシローは12日より、菓子メーカー明治のロングセラー商品「きのこの山」とコラボした「きのこの山キャラメルパフェ」を、期間限定で販売する。 “たけのこの里”との『国民総選挙2018』での敗北を受け、“きのこの山”が巻き返しをかける。価格は1個280円(税別) ■商品特長 「きのこの山キャラメルパフェ」:280円 キャラメル味をベースに、チョコとキャラメルを組み合わせた冬らしいパフェ。 かけてもよし、そのまま食べるもよしの「追いきのこ(100円)」も用意する。 ■“きのこの山”の反撃なるか 明治は2018年、「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」を開催。その結果、総得票数約1,600万票の中、約23万票という僅差で、「きのこの山」は、「たけのこの里」に敗北。今回、年間約1億5,000万人が来店するスシローとのコラボにより、“きのこの山”が“支持拡大”を目論む。 コラボ商品も、明治の新商品「たけのこの里勝利キャラメル」に対抗したものとしている。 ■「スシローカフェ部×女子大」コラボスイーツ販売中 あきんどスシローは、2017年11月に発足した「スシローカフェ部」とお茶の水大学公認サークル「Ochas」とコラボした、スイーツ2種も期間限定で販売する。 第1弾は5日より、見た目もかわいくスシローらしい4種類のパッケージで、上品な甘さのホイップとマシュマロを重ねたクリスマスにぴったりな、“スシロー初”の「スノーマンのふんわりカップケーキ(180円)」を販売。第2弾は1月9日より、「いちごケーキのカップケーキ(180円)」も期間限定で販売予定だ。 続きはソース http://news.livedoor.com/article/detail/15700463/

和菓子店や洋菓子店がコンビニスイーツに押されて次々と倒産しているらしい

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2018/12/05 20:13:00 ID:vQIvYaIb0.net
菓子店の破綻相次ぐ コンビニスイーツ台頭で経営難 あの老舗や人気店も  人気店や老舗の「和洋菓子店」の倒産が相次いでいる。倒産企業の中には業歴が長く、有名銘菓を製造していたところや、人気店として知られた店も数多くみられる。(東京商工リサーチ特別レポート)  最近は、大手コンビニチェーンが展開する「コンビニスイーツ」の台頭で競合が激しく、原材料の上昇、後継者難や人手不足も重なり、和洋菓子店の経営環境は厳しさを増している。 続きはソース https://www.sankeibiz.jp/business/news/181205/bsd1812050645001-n1.htm