ビール業界「ドライビールは不味い」「ビールは甘さとコクが命」「後味のないビールなんて売れない」

1 名前:風吹けば名無し 投稿日:2019/01/18 22:18:05 ID:baBkW1Na0.net
「大衆向けにビールの苦味は抑えろ」 「味がスッと引くビールなんて誰も飲まない」 「度数が5%になると大衆向けではなくなる」 「缶ビールの時代は一生来ない」 「食欲を無くすから銀色のラベルは使ってはいけない」 アサヒビール(当時倒産寸前)「タブー全部のせしたビール作ったらどうなるんやろ…………」

LGが家庭用ビール醸造マシンを発表、全自動で5リットルのビールを生成!

1 名前:次郎丸 ★ 投稿日:2019/01/15 18:27:03 ID:ncT+frl/9.net
@原文まま テレビやスマホなどを主力製品とするLGだが、CES2019では8K有機ELテレビとともにビール醸造マシンをお披露目した。クラフトビール市場は急速に成長しており、その界隈のビール愛好家をがーゲットとなる。 「LG HomeBrew」はNespressoのビール版といったところで、カプセルからビールを醸造する。見た目と動作はシンプルだがLGの技術が詰め込まれたハイテクマシンだ。 ・醸造プロセスをアルゴリズムで制御 温度と圧力をアルゴリズムで調整して醸造プロセスを正確に制御。誰でも失敗なくビールが醸造できる。 また、ビールを作るのはコーヒーのように”インスタントに”とはいかず、2週間の醸造期間を要するが、この間もスマホアプリからビールの状態が確認できる。 完成した5リットルのビールを飲み終わった後はマシンが自動洗浄してくれて、次のビールが醸造できる状態を待つばかりだ。 ・5種類のカプセルを発売 まずはアメリカンIPA、アメリカンペールエール、スタウト、ベルギービール、ピルスナーの5種類のカプセルが発売される。その後は展開に応じてカプセル種類を増やしていくのだろう。 ただ、ユーザーがやることは、麦芽、酵母、ホップオイル、香味料の入ったカプセルを入れてボタンを押し、2週間待つことだけというシンプルさが仇になる可能性もある。 ビールを自作したいユーザーが、味も出来具合も均質なビール醸造マシンに魅力を感じるかどうかはフタを開けてみないとわからない。 参照元:LG will be unveiling a smart craft beer machine at CES 2019/TrustedReviews CES 2019: LG Wins CES Media Day with High-Tech Home Beer Brewery and Disappearing OLED TV/IEEE Spectrum 2019/1/15 Tech LGが家庭用ビール醸造マシンを発表、全自動で5リットルのビールを生成! https://techable.jp/archives/90817

サントリーが新ウイスキー「碧Ao(アオ)」を発売

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2019/01/10 20:43:05 ID:udwt/3Oe0
サントリースピリッツは10日、5カ国の蒸留所の原酒をブレンドした新銘柄「サントリーワールドウイスキー 碧Ao(アオ)」を4月16日に数量限定で発売すると発表した。700ミリリットル瓶入りで、希望小売価格は5400円。  2014年に買収したビーム社(現ビームサントリー)と共同開発。世界的なウイスキーの生産地として知られるアイルランド、スコットランド、米国、カナダ、日本にある蒸留所でつくった原酒をブレンドした。甘く華やかな香りと厚みのある味わいが特長だ。  アルコール度数は43%。19年は、春夏と秋冬の2期に分けて出荷し、36万本限定で販売する。 https://www.daily.co.jp/society/economics/2019/01/10/0011969322.shtml

意識高い系「スーパードライ(笑)とかあんなんビールじゃないでしょ(笑)」 ワイ「

1 名前:風吹けば名無し 投稿日:2019/01/06 7:49:03 ID:0+uLA/+t0.net
スーパードライ←うまい 一番搾り←うまい キリンラガー←うまい 黒ラベル←うまい ヱビス←うまい モルツ←うまい プレモル←うまい 銀河高原←うまい ドライブラック←うまい キリンスタウト←うまい バドワイザー←うまい ハイネケン←うまい コロナ←うまい ギネス←うまい 全部うまい!!!」

【悲報】「氷結」がストロングゼロに負ける

1 名前:名無しさん@涙目です。 投稿日:2018/12/27 17:06:03 ID:+Ntnl88D0.net
缶酎ハイ、「氷結」が首位譲る サントリー「-196℃」に  2018年の缶酎ハイ出荷実績で、キリンビールの「氷結」シリーズが02年から16年連続で守ってきたブランド別首位の座を譲る見通しになったことが27日、分かった。年末商戦の行方にもよるが「ストロングゼロ」で知られるサントリースピリッツの「-196℃」シリーズが競り勝ち、初めてトップとなるのがほぼ確実だ。(略) 続きはソース https://this.kiji.is/450930933886092385?c=39550187727945729