酔っぱらい対策につかまれても「すぐ外れるネクタイ」 駅員や乗務員らに対する暴力行為が止まらない

1: ばーど ★ 2018/03/30(金) 15:54:57.17 ID:CAP_USER9
 鉄道の駅員や乗務員らに対する乗客の暴力行為が止まらない。

 国土交通省によると、2016年度の被害件数は825件で、4年連続で800件を超えた。ダイヤが乱れるのを気にして泣き寝入りするケースもあり、各鉄道事業者は対応に頭を悩ませている。

 ◆酔客が6割

 「ふざけんなよっ」。昨年2月20日夜、東急長津田駅(横浜市)の上り線ホームで、列車から降りてきた60歳代の男性客がいきなり、20歳代の駅員のこめかみを殴りつけた。客は駆けつけた警察官に連れていかれたが、駅員は全治3日間のけがを負った。この約1時間前に起きた人身事故の影響でダイヤが乱れており、腹を立てていたとみられる。客は酔っていたという。

 客による暴力行為の深刻化を受け、国交省は13年度以降、全国約200の鉄道事業者に被害の報告を求めている。件数は14年度の887件から減少しつつあるが、ほぼ横ばいの状況だ。

 16年度の825件のうち、被害は東京都264件、神奈川県95件、大阪府65件と、大都市に集中。客が酔っていたのは少なくとも504件(61%)に達した。

 ある事業者は「通報などのために列車を止めれば何十万人に影響する恐れがある。被害が軽微だったり、ラッシュ時間帯だったりすれば、泣き寝入りするケースもある」としており、実際にはさらに多くの事案が発生しているとみられる。

 ◆外れやすいネクタイ

 トラブルがこじれることによるダイヤへの影響などを避けようと、各事業者は対策を練っている。

 東急は、乗客に胸ぐらをつかまれた時に備え、「外れやすいネクタイ」を駅員に着用させている。ワイシャツに引っかけるだけの簡単な仕組みで、引っ張ればすぐに外れる。担当者は「酔客には、やはり胸ぐらをつかまれやすい。つかまれると、応援要請などの対応に遅れが出てしまう」と話す。
no title


http://www.yomiuri.co.jp/national/20180330-OYT1T50070.html

こちらもおすすめ

続きを読む