【朗報】ワイ将、究極の卵かけご飯の作成に成功する

8b397778e653272f3d8154781a9d8767_s


1:  2018/04/06(金)21:01:37 ID:w8G
食戟のソーマにも書いてあった様に『不均一』が美味しさのコツやで

1.熱々の茶碗1杯分のご飯に味の素を適量振りかけ冷ますように混ぜる。
2.小さい宗田節が丸々入ってるタイプの出汁醤油を直接ご飯に回しかけ、Lサイズ以上の赤卵を入れ白身とご飯だけ混ぜる。
3.細かい宗田節をパラパラとかけ、黄身を潰してその中に出汁醤油を適量かけて全体に軽く混ぜたら完成。

ポイントは直接ご飯に出汁醤油を回しかける事、炊きたてごはんだと熱過ぎて白身が固まって不味くなるやで

続きを読む

【驚愕】卵アレルギーと小麦アレルギーの14歳美少女、そうめん1cm卵1gを食べ続け耐性をつけ、克服。

1: 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 07:40:56.77 ID:sIjy4GGB0
“食べることを目指す”治療へ

食物アレルギーはかつては、血液検査などで原因食物を判断し、疑いのあるものは一切食べない「完全除去」と呼ばれる管理が行われてきました。

この治療法をめぐっては、患者によっては、食事が大きく制限され、成長に影響が出るなどの問題が指摘されていました。

こうした中、12年前の平成18年、治療の方向性が大きく変わりました。
病院に入院して、アレルギーの疑いのある食品を実際に食べ、原因食物の確定と、安全に食べられる量などを診断する「食物経口負荷試験」と、その結果にもとづいて、
医師などが、原因食物も安全な範囲で食べられるよう指導する「栄養食事指導※」が保険適用になりました。

定期的に負荷試験を行い、安全が確認されれば、食べる量を増やしていく方法で、従来の“食べない”治療から、“食べることを目指す”治療になったのです。
no title


田野さんの治療は、医師の指導のもと、「卵1グラム、そうめん1センチ」から始まりました。負荷試験で、時折強い症状が出ることもありました。


そうしたつらい治療を乗り越えるため、田野さんが行ったのは、将来、何を食べられるようになりたいか、「目標」を立てることでした。

目標としたのは、なかなか克服できなかった半熟の目玉焼きなどが乗った「ロコモコ」を本場のハワイで食べること。

食物アレルギーの患者にとって、海外旅行には大きなハードルがあります。
機内でショック症状を起こさないか、海外の食事で、言葉が通じない場合原材料を確かめることができるか、万が一の場合の救急対応はどうするのか…。

そうした心配をすべて乗り越えて、何でも食べられるようになりたいという大きな目標でした。

それから4年。アレルギー症状を抑えるため肌のスキンケアを徹底したり、ぜんそくなどの治療にも取り組みました。

その結果、田野さんは卵などが食べられるようになり、去年12月、ハワイでロコモコを食べるという目標を達成できました。
no title

https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0405.html

こちらもおすすめ


続きを読む