「疲れたときは甘いもの」は大きな勘違い 効果長続きせず

【Q】 甘いものを食べると血糖値が上がり、元気になるというのは本当ですか?

【A】 「疲れたときは甘いものを食べるに限る」。これは一般的な健康常識のひとつになっているようです。しかし、これは大いなる勘違いです。
確かに疲れを感じたときに甘いものを食べると血糖値が急激に上がり、ちょっと元気になったような気になります。エネルギーをつくり出す原材料となるブドウ糖を得たことで、実際に元気になる部分もあるでしょう。
「元気になる」ことを目的にしている栄養ドリンクの多くは糖質がたっぷり含まれ、急激に血糖値を上げることで幸せを感じられるようにできています。

ところが、その効果は長くは続きません。アッという間に失われます。糖質を取ることで急激に上げた血糖値は急激に下降するからです。
その結果、今度は眠気やイライラ、吐き気など、さまざまな不調を招くことになります。つまり、疲れを取ろうと甘いものを口にしたばかりに、かえって疲れてしまうことが起こるのです。

そもそも、疲れとは、エネルギー不足で筋肉が動かなくなった状態だけを指すわけではありません。
さまざまなストレスが私たちの心身にかかってきた結果として起こるものです。ですから、血糖値を上げたからといって、必ずしも元気になるとは限らないのです。
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/237308

こちらもおすすめ

続きを読む

牛乳+イソジン=沃化脂乳液 なぜか整形外科医が癌が治ると広める

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00010002-huffpost-soci&p=1
牛乳にうがい薬のイソジンをたらし、毎日飲めばがんが消える。ちょっと信じがたいそんな情報が、一部のがん患者の間に出回っている。考案者は西日本の医師で、信じた患者からほかの患者に広がる、ということも起こっている。

医師はどんな根拠で言っているのか。なぜ、不特定多数に勧めるのか。調べていくと、医師に自信を持たせた学術誌の安易にも見える編集姿勢にまで行き着いた。根拠薄弱な療法は、思わぬ健康被害を招く恐れも指摘されている
isdu

こちらもおすすめ

続きを読む

肝臓「お酒止めてよぉ…もう止めてクレメンス…」 ワイ「嫌やで(氷結グビー

1: 風吹けば名無し 2018/09/01(土) 23:49:13.57 ID:PVM6CeVq0
肝臓「…ア!壊れたァ!(プクー
ワイ「酒止めたンゴ…これ以上腫れないでクレメンス…」
肝臓「ン拒否スルゥ!回復の見込みハナァイ!」
ワイ「」

body_kanzou_bad

こちらもおすすめ

続きを読む