【値上げ続々】亀田製菓 ハッピーターンは30枚→27枚、ぽたぽた焼きも実質値上げ 他、おかめ納豆、明治ブルガリアヨーグルトなど

1: ばーど ★ 2018/04/01(日) 06:15:24.14 ID:CAP_USER9
4月から、わたしたちの食卓になじみのある、さまざまな食品が値上がりする。

サントリー、キリン、サッポロは、3月のアサヒビールの値上げに続いて、瓶ビールやたる詰めの業務用ビールの価格を、4月1日から引き上げる。

また、「おかめ納豆」は、27年ぶりに出荷価格が最大で20%上がる。

一方、「明治ブルガリアヨーグルト」は、希望小売価格を10円下げて、容量を50グラム減らす。

亀田製菓も、「ハッピーターン」、「ぽたぽた焼」など、6商品について、価格を据え置きながら容量を減らし、これらは実質的な値上げとなる。

さらに、松屋でも「牛めし」並盛が30円値上げされるなど、一部のメニューで価格が変わる。

あらためて整理すると、値上げとなるのは、業務用ビールにワイン、そして27年ぶりの値上げとなった納豆など、わたしたちの生活に関わるものばかり。

値上げの原因だが、大きく分けて、原材料費、人件費、そして物流費の上昇が挙げられる。

このうち、人件費と物流費については、「人手不足」が大きな影を落としている。

商品をトラックで運ぶ際、運転手不足が物流コストを押し上げる。
そして、企業にとっては、人手不足がパート代やアルバイト代にも重くのしかかっている。
このダブルパンチに企業が耐えかねて、価格に転嫁されるという構図となっている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00388563.html
4901313067468_common

こちらもおすすめ

続きを読む