松屋の復刻メニュー総選挙きたぞwwwww

1::2018/06/16(土) 12:23:14.54 ID:0.net
過去15年間で松屋で販売されたメニューより選出された9商品から、お客様の『復刻してほしいメニュー』をWEBにて投票いただきます。
投票でNo.1になったメニューは2018年秋に復刻販売!
また、投票に参加してくださったお客様の中から抽選で1,000名様に「松屋お食事券3枚」をプレゼント、さらに投票いただいた方全員に「スペシャルクーポン」もプレゼントいたします。
この機会に是非、「松屋復刻メニュー総選挙」にご参加ください

https://www.matsuyafoods.co.jp/sousenkyo/


対象商品名

1.焼き牛めし



2.山かけネギトロ丼



3.唐揚げ丼



4.お好み豚しゃぶ定食



5.グリーンカレー



6.鶏と白菜のクリームシチュー定食



7.スープカレー



8.鶏のチリソース定食



9.角切りステーキ定食

続きを読む

【朗報】牛丼チェーン吉野家「学割」やります!丼・定食100円引き 25歳以下の学生が対象 「初めての試み」

1:2018/05/23(水) 16:30:12.41 ID:CAP_USER9
初の試み、吉野家の「学割」!
no title

kaisha_20180523143030-thumb-autox380-137757

牛丼チェーンの吉野家が「学割」を導入する。2018年5月24日から6月24日までの期間限定で、25歳以下の学生が対象となる。「初めての試み」という。

たとえば、380円の牛丼(並盛)が280円で、350円の黒カレー(並盛)が250円で食べられる。「うまい」「安い」「早い」がコンセプトの吉野家の牛丼。学生にとっては、手軽にお腹がいっぱいになる、うれしいキャンペーンになりそうだ。

■LINEに登録、クーポンの提示で

吉野家の「学割」は、LINEで友だち登録した、25歳以下の学生が対象。牛丼やカレー、定食が1食ごとに100円引きになるクーポンを配信。6月24日までの期間中であれば、対象の学生は毎日14~22時までのあいだ、会計時にLINEのクーポンを提示すれば、一度に3食まで牛丼や定食が100円引きで食べられる。

  主に、部活や塾帰りの学生がターゲット。「当社の主力の顧客層は30~40代のサラリーマンですが、その次に利用が多いのが学生さんで、習慣づけて食べていただけたらと思っています」と、広報担当者は話す。

まずは学生応援セールスプロモーションとしてスタート。吉野家は、「初めての試みなので、キャンペーンの内容や期間などの状況や効果をみながら、今後の展開を考えていきたい」としている。

なお、競馬場内などの一部店舗では実施しない。また、学生証の提示を求める場合もある。

2018/5/23 14:34
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/kaisha/2018/05/23329351.html

引用元: ・【お得情報】牛丼の吉野家「学割」やります!丼・定食100円引き 25歳以下の学生が対象 「初めての試み」

続きを読む

すき家 「シーザーレタス牛丼(並盛)」(500円)と「シーザーレタスカレー(並盛)」(640円)を期間限定発売 想定以上に売れる健康志向を強化

1:  2018/05/15(火) 11:42:33.54 ID:CAP_USER
ITmedia ビジネスオンライン 2018年05月14日 15時21分 公開
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/14/news103.html
シーザーレタス牛丼(並盛)
no title

シーザーレタスカレー(並盛)
no title


 すき家は5月16日(水)からレタスをたっぷり使用した「シーザーレタス牛丼(並盛)」
(500円、税込、以下同)と「シーザーレタスカレー(並盛)」(640円)を発売する。

 レタス、グリーンリーフ、赤パプリカ、角切りのベーコンに、すき家オリジナルのシーザーソースや
複数のチーズなどを加えることで、シャキシャキした食感と独自の風味を実現した。

 新作のレタス牛丼やレタスカレーは6月中旬~下旬までの期間限定販売となるが、
開発の背景にあるのはすき家が近年強化している健康路線があった。


健康志向を強化する背景

 すき家は2017年に低糖質(ロカボ)がお客に支持されると判断し、「ロカボ牛麺(490円)」と
「ロカボ牛ビビン麺(590円)」を発売している。いずれもコンニャク麺を使用することで、
糖質の量を抑えているのが特徴だ。似たようなコンセプトの商品に、ご飯の代わりに豆腐を利用し、
たっぷりの野菜を載せた「牛丼ライト」(お肉並盛で430円)があるが、「いずれも想定以上売れている」
(すき家を運営するすき家本部広報担当者)。

 健康を重視する姿勢はメニュー構成からも見て取れる。レタス牛丼投入に伴い刷新する新メニュー表を見ると、
やたらと「健康」「サラダ」の文字が目に飛び込んでくる。客単価を上げる狙いもあるのだろうが
「シーザーレタス豚丼(並盛)健康セット」(720円)や「かつぶしオクラ豚丼(並盛)サラダセット」
(660円)などが「おすすめメニュー」として大きく取り上げられている。

 丼やカレーにセットで提供するサイドメニューには「健康セット」(190円)もある。また、
今回のレタス牛丼登場に伴って、サラダのメニューに「シーザーレタス」(150円)が新しく加わる。

 このように、すき家のメニューにおける「健康系」商品の存在感は増している。


女性だけでなく男性の需要に応える

 レタス牛丼は通常の丼より底が浅く幅が広いボウル状の器に盛り付けられている。レタスの存在感を
増すための工夫であり、男性客が多いすき家が女性客を獲得するための戦略的商品のように思えるが
「女性だけでなく、幅広い層に訴求したい」(同社広報)という。

 すき家が健康系商品を強化する背景には何があるのだろうか。ある大手小売りチェーンでは、
20~40代のビジネスパーソン向けの商品開発を強化しており、「脱メタボ」をキーワードにしている。
肉体労働をするお客には「ボリューム」は訴求ポイントになるが、体重を気にする女性や男性のお客を
取り込むには「健康」を意識しないといけないと考えている。

 すき家の店舗の半分以上は郊外にあり、ファミリー層が多く訪れる。健康志向の強い母親だけでなく、
体重を気にする父親にもサラダ牛丼は支持される商品になりうると考えているに違いない。

 かつて、吉野家は「腹ごしらえを、しよう」というキャッチコピーで、肉体労働者をイメージさせる男性が
登場する広告を出した。しかし、近年は具が野菜中心の「ベジ丼」や「ベジ定食」を相次いで投入しており、
健康志向を強めている。

 すき家が発売するレタス牛丼のような「健康まっしぐら」な健康メニューは、ほかの大手牛丼チェーンでも
広がっていくだろう。

引用元: ・【外食】すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」(5/16販売予定)

続きを読む