カルビーが47都道府県の地元味ポテチ 東京は「てんぷら味」

カルビーは25日、江戸前天ぷらの味わいを再現した「ポテトチップス てんぷら味」を29日に、東京都、千葉県などで発売すると発表した。

47都道府県の特産品や味を再現したポテトチップスプロジェクトの一環で、数量や期間は限定となる。

カルビーは昨年から47都道部県味のポテチ販売を実施している。
今年は、昨年とは異なる味で、新しいポテチを企画、販売していく。
地域の食文化の発展を目的に、各都道府県の自治体や企業の協力を仰ぎつつ商品化する。

東京の「てんぷら味」は、浅草の老舗天ぷら店「雷門 三定(さんさだ)」が味を監修。
今回、東京以外にも長崎県の「佐世保レモンステーキ味」や京都の「しば漬味」など16商品を25日に発表した。
今後、第2弾、第3弾を順次投入していく計画だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/15497430/

no title

no title

no title

no title

こちらもおすすめ

続きを読む

ローソンがロールケーキのクリームだけを新発売  使い方は「からあげクンディップ」に「クリームマシマシ」夢が広がるな

https://irorio.jp/nagasawamaki/20181014/498442/
no title

■ ロールケーキの「クリームだけ」を発売

コンビニエンスストアの「ローソン」は10月16日(火)から、プレミアムロールケーキに使用しているクリームだけを「プレミアムロールケーキのクリーム」(税込100円)として、全国のローソンで数量限定で発売する。

「プレミアムロールケーキ」は2009年9月に発売。以来、シリーズ累計3億4400万個を販売するUchi Caféのロングヒット商品だ。今月9日に、クリームの配合を見直してリニューアル発売した。
ロールケーキに使用している「クリームだけ」を発売するのは、Uchi Caféとして初めてだという。

こちらもおすすめ

続きを読む

究極のインスタ映え「レインボートースト」 至高のインスタ映えはまだか?

インスタ映え間違いなしのレインボーカラーのグルメが大ヒット中。そんなカラフルなグルメを名古屋でも発見!ポップな見た目が、ウキウキした気分にしてくれるはず!!

とろ~りとあふれ出る虹色のチーズに驚き!
「金魚鉢ゼリーソーダ」(550円、~10月末)など、独創的なメニューがそろう「FUNNYS CAFE」(名古屋市昭和区)。

この店の「レインボートースト」(650円)は、見た目のインパクト大!虹色に色付けしたチーズは、ドイツ産モッツァレラ。
モチモチとしっかりした食感があり、濃厚な味わいが特徴だ。ランチでは、前身のうどん店「まつや」の味を受け継ぐ「盛りそば」(800円、10~4月は味噌煮込みうどん)も評判。

https://www.walkerplus.com/article/161696/

no title

こちらもおすすめ

続きを読む

バンズの代わりにトマトで挟むハンバーガー 北海道内のモスバーガーで販売

 モスバーガーを展開するモスフードサービス(東京)は、パンの代わりに胆振管内むかわ町産のトマトを使用した「トマトサラダバーガー」(490円)を24~26日、全道の49店舗で限定発売する。

 同社は2016年から期間限定で、商品に使うすべてのトマトをむかわ産とする「モスの道産トマト祭り」を実施。
今年はトマトのみずみずしさを楽しめるサラダバーガーを企画した。
トマト本来のうまみを引き出すため、輪切りにしたトマトの切り口をグリルで軽く焼き、牛肉100%のハンバーグやレタス、スライスオニオンなどを挟んだ。

パンの代わりにトマトを使った「トマトサラダバーガー」
no title

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/220833

こちらもおすすめ

続きを読む

マックポーク復活きたあああああああああああ

1: 風吹けば名無し 2018/06/28(木) 11:28:47.57 ID:ljVAtmWE0
うーん 神!!

特報??あの大人気バーガー #マックポーク が5年ぶりにレギュラーで #復活 !
肉汁あふれるベーコンとコクと旨味を追求したソースで、ポークの味わいがパワーアップ!しかも毎日たったの200円!待ってた??という人はRT
no title

こちらもおすすめ

続きを読む

サントリー、初の透明なノンアルコールビール発売 オフィスでの業務中など、昼間の飲用に

 サントリービールは8日、国内ビール大手4社としては初となるペットボトル入りで透明なノンアルコールビール味飲料「オールフリー オールタイム」を発売すると発表した。ノンアルビールは、ビールを飲みたいが、アルコールを摂取できない場合に飲むというビール代替の性格が強かった。今回、透明で、ペットボトル入りとすることで、オフィスでの業務中やランチなど、昼間の飲用市場を開拓する狙いだ。

 麦芽の投入量を減らすことなどの製法によって透明なビール味の飲料を実現した。6月19日から、全国のコンビニエンスストア限定で販売する。380ミリリットル入りで、想定価格は150円前後としている。

 ノンアルビール市場は、昨年も約6%程度の成長をみせているが、飲用シーンが夕方や休日の昼間に限定されているため、今後は伸び悩むと見込まれている。
一方、無糖炭酸飲料は急成長しており、サントリーは今回の新製品で、この炭酸飲料の利用者の取り込みも狙う考えだ。
001
https://www.sankei.com/economy/news/180508/ecn1805080043-n1.html

こちらもおすすめ

続きを読む