「チャルメラうるさい」屋台のラーメン店主、注意した住民を殴る

 住宅街にあるマンションの敷地で移動式のラーメン屋台の営業を注意され、住民を殴ったとして、兵庫県警川西署は17日、暴行の疑いで三木市の自営業の男(68)を現行犯逮捕した。同署によると、男は軽トラックの荷台に乗せた屋台を「開店」したところ、住民の男性に「こんなところで、大音量のチャルメラを流すのはやめてほしい」ととがめられ、激高したという。

 逮捕容疑は17日午後8時20分ごろ、川西市丸山台1のマンション敷地内の路上で、住民の男性(66)の胸ぐらをつかみ、顔を殴った疑い。男性にけがはなかった。

 同署によると、男は前日も同じ場所で営業していたといい、「胸ぐらはつかんだが、殴っていない」と供述しているという。
001
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201805/0011266367.shtml

こちらもおすすめ

続きを読む